読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨロズヨモヤマ

東京と京都を行き来する、まっとです。旅・食・ライフスタイル・テレビ・雑誌など気になることをまとめます

【日糧・イケダパン・たけや】地元の人しか知らない大人気パンまとめ

おいしいパンの特集、いろいろありますけど、ほとんどが東京、大阪、名古屋、京都といった大都市ばかり。結構、地方の、それも日頃地元民の人たちが買う定番のパンはなかなか紹介されませんよね。「がっちりマンデー!!」ではそういう、地方で有名なパンを取り上げていました。曰く「地元民は全国区だと確信しているパン」です。果たして地方で人気のパンは、地元以外で手に入るのか?調べてみました!

 

北海道のパンのシェア第1位!「ニチリョウ」

北海道の人だとお馴染みのパン・メーカー「日糧製パン」です。北海道でのシェア率19%。山崎パンを抑えて堂々の1位です。

人気の秘密は、定番の3大ロングセラーのパン。

 

 

「手包み豆パン」

http://www.nichiryo-pan.co.jp/wpc/wp-content/uploads/2016/07/cc000f2b4956de82aee6829f16e38576.jpg

北海道民なら誰でも知っている「豆パン」です。豆といっても甘納豆です!北海道の人は甘納豆が大好きということで、パンにも入れてみようということで昭和30年代に開発されました。豆が表面に浮き出していますが、この加減がなかなか難しいのだとか。

 

 

「ラブラブサンド」

http://www.nichiryo-pan.co.jp/wpc/wp-content/uploads/2016/07/8d89a63de0c087520940782ba7d89baa.jpg

ヤマザキの「ランチパック」そっくりです!
1984年の発売ですが、当時「ランチパック」は北海道に進出していませんでした。北海道ではニチリョウが独自展開したんですね。味は北海道名物の豚丼など独特のものがあります。年間6億も売り上げる人気商品です。

 

 

「チーズ蒸しパン」

http://www.nichiryo-pan.co.jp/wpc/wp-content/uploads/2016/07/174050da6a798ebff068d10c27c66204.png

これもどこかで見たような形ですが、実はニチリョウが最初に開発したんです。1990年頃にチーズブームがあったため、他社に先駈けて発売しました。1日50万個も売れたこともあるそうです。すごいですね。ヤマザキのチーズ蒸しパンとはまた違った味わいということです。(画像出典:日糧製パン)

 

さて、ニチリョウのパン、北海道以外でも入手できるのでしょうか?
公式サイトを見ても通販はやっていませんね。残念。

しかし、楽天を見ると、こんなものが。

チーズ蒸しパンのラスクですね。パンそのものではないですが、これもおいしそうです。

鹿児島人を魅了する甘いパン「イケダパン」

鹿児島のスーパーへ行くと、パン売り場はイケダパンだらけ。大手のパンメーカーより大人気です。鹿児島県民の口に合うというイケダパンの特徴は「甘い!」ということ。なんと食パンにも甘みが付いているとのこと。

食パンには練乳も入っているものもあります。鹿児島の人は甘党ですから、パンも甘いほうが人気なんですね。
その中でも人気の定番パンとは?

 

「キングチョコ」

http://www.ikedapan.co.jp/product/kashipan/img/0001.jpg

チョコをたっぷりかけ、チョコクリームもサンドされたロールパンです。これは甘そうですね!シンプルですが、甘党にはたまらないパンです。1980年に、パートさんがまかないで食べていたものを商品化したそうです。今ではイケダパンの中で一番売れているパンです。

 

 

「スナックブレッド」

http://www.ikedapan.co.jp/product/kashipan/snackbread/img.jpg

スポンジケーキで食パンを包んだ、これまた甘そうなパン。

 

 

「ラビットパン」

http://www.ikedapan.co.jp/campaign/tokusyuu_oss/img/jpg/img05.jpg

白あんを、なんと羊羹でコーティングした、あんパンのような形をしたパンです。なぜラビットなのでしょう?

 

 

「シュガーラスク」

http://www.ikedapan.co.jp/product/kashipan/img/sugar-rusk7.jpg

日本で初めてシュガーラスクを大量生産したのはイケダパンとのことです。(画像出典:イケダパン)

 

さて、このイケダパンは通販などで手に入るのでしょうか?
公式サイトでは通販はありません。たまに首都圏のスーパーの催事でラスクを販売することもあるようですが。

楽天を見てみると、

「あいらぐまラスク」なるものが売られていました。なぜあらいぐま?と思ったら「あいらぐま」でした。。。

 

秋田県のパンの半分以上が「たけや製パン」

なんと秋田県のパンシェア率6割を誇る「たけや製パン」。もうこれは秋田の人なら誰でも知ってるレベルですね。
もともと秋田には「たけや製パン」の他、「第一屋パン」「スズヤ」というパンメーカーがありましたが、これが一つに統合されて、今の「たけや製パン」となったとのことです。

大手パンメーカーの進出も遅かったため、「たけや製パン」を中心とした秋田独特のパン文化が出来上がっているのです。

 

「アベックトースト」

http://i2.wp.com/takeyapan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/avec-toast-pk.png?zoom=2&fit=500%2C500

食パンにジャムとマーガリンを塗ってサンドしたもの。定番中の定番です。

 

 

「コーヒー」

http://i0.wp.com/takeyapan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/coffee-pan-pk3.png?zoom=2&fit=500%2C500

文字通り、コーヒークリームをサンドしたコッペパンです。名前が超シンプル!

 

 

「学生調理」

http://i1.wp.com/takeyapan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/gakusei-chori-pk.png?zoom=2&fit=500%2C500

すごいネーミングですね。魚肉ソーセージのフライコールスローナポリタンスパゲティがサンドされたコッペパンです。

 

 

「バナナボート」

http://i2.wp.com/takeyapan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/banana-boat-pk.png?zoom=2&fit=500%2C500

スポンジケーキでバナナを包んだものです。ヤマザキの「まるごとバナナ」に似てますが、昭和30年頃から販売しています。ヤマザキとたけやはグループ会社の関係にあるため、「まるごとバナナ」は秋田では売っていないそうです。秋田の人は「まるごとバナナ」を知らない人が多いことになります!ちなみに「バナナボート」は給食にも出てくるそうですよ。

 

さて、この「たけや製パン」は通販で手に入るのでしょうか?
やはり公式サイトでは通販はありませんね。
楽天など主要な通販サイトを見ても、たけやのパンの通販は見当たりません!やはり秋田まで行かないと食べられないようです。なんとも残念。

 

「地方の大人気のパン」、地元以外ではなかなか手に入らないですが、もしかすると県のアンテナショップなどで置いていることもあるかもしれませんね。調べてみたいと思います。

 

地元パン手帖

地元パン手帖